HIBIYA MID SUMMER 2024(東京ミッドタウン日比谷)チケットは必要?見どころについても調べてみた!

HIBIYA MID SUMMER 2024が7月22日~9月1日の期間限定で東京ミッドタウン日比谷て開催されます!

かざぐるまを利用したフォトジェニックなドームをはじめ、様々なイベントを楽しむことができます!また、お盆の時期にはゴジラ博も同時開催されます!

HIBIYA MID SUMMER 2024について、チケットや入場料は必要なのか、見どころについてもまとめてみました!

HIBIYA MID SUMMER 2024 チケットは必要?

HIBIYA MID SUMMER 2024、チケットは必要なく入場料無料で楽しめます!

8月13日〜9月1日に同時開催される「ゴジラ博 in東京ミッドタウン日比谷」では入場料がかかります!こちらについても調べてみました!

ゴジラ博 in東京ミッドタウン日比谷


チケットは事前にオンライン(イープラス)で前売り券を買うか、当日に会場で当日券を買うかの2パターンあります。

ゴジラ博 チケット料金
前売り券 大人(中学生以上) ¥1,600
前売り券 小人(4歳以上、小学生以下) ¥900
当日券  大人 ¥1,800
前売り券は時間指定制、当日券はフリー入場制のようです!また、前売り券は売り切れ次第終了のようなので早めに購入しておきたいですね…!
【開催場所】東京ミッドタウン日比谷 6F BASEQ HALL
【営業時間】10:00~19:00 最終入場18:00

HIBIYA MID SUMMER 2024 見どころについて

「KAZAGURUMA GARDEN」(かざぐるまガーデン)

一番の見どころは、日比谷ステップ広場に展示されている約1000個のかざぐるまがドーム状になった「KAZAGURUMA GARDEN」(かざぐるまガーデン)ですね…!

入口と中ではミストによって涼しさを感じることができます。浴衣との相性も抜群で写真スポットにもってこいです!

また、夜間はライトアップされるので昼とは違った顔を楽しむことができちゃいます!

【実施期間】
ミスト演出 10:00~23:00(予定)
ライトアップ 17:00~23:00(予定)

「Hibiya Oh! MATSURI Stage(ヒビヤオマツリステージ)」

8月のお盆時期の週末に開催予定のステージです。徳島の阿波踊りや、沖縄のエイサー、北海道のよさこいなど全国のお祭りを楽しむことができます!

【場所】東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場 大階段付近
【実施期間】2024年8月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)(予定)

「MID SUMMER KIDS WORKSHOP」

クリアファイルを使って風車を作るワークショップなど、子どもたちに伝統芸能や環境問題に関心をもってもらえるような企画が予定されています。自由研究にももってこいですね!

【場所】東京ミッドタウン日比谷 館内
※日程・参加方法など詳細は後日公開予定

「ひんやり あまい、夏の幸せ」

夏にぴったりなひんやりあまいスイーツが東京ミッドタウン日比谷館内の店舗で楽しめます!

【場所】東京ミッドタウン日比谷 館内 各店舗
【実施期間】2024年7月12日(金)~9月1日(日)

HIBIYA MID SUMMER 2024 詳細情報とアクセス

【住所】千代田区有楽町1-1-2

【開催期間】2024年7月22日(月)~9月1日(日)

【料金】入場料無料

【駐車場】あり。200台 6:00~26:00、400円/30分

【アクセス】東京メトロ千代田線・日比谷線 ・都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結

まとめ… 入場料無料で夏らしいイベント、フォトジェニックな風車ドームが楽しめる!同時開催ゴジラ博も要チェック!

HIBIYA MID SUMMER 2024について、入場料やチケット、見どころについてまとめてみました!ほとんどのイベントは無料で楽しめるようですね!ゴジラ博はチケットが必要なようです。詳しくは特設ページで確認してみてくださいね!

夏休みにぴったりのワークショップや、スイーツもたくさんあって朝から夜まで楽しめるイベントになってます!ぜひ、夏を感じに足を運んでみてください。